住宅ローンの手数料

模型

手数料を把握しておこう

住宅ローンには様々な手数料がかかってきます。金利ばかりに気を取られずに実行する際にかかる手数料にも気を使っておきましょう。特に最近では住宅ローンが多様化してきています。以前はどこの金融機関でも事務手数料が定額でしたが、新興のインターネット専業銀行等では定率の手数料を取るところも出てきました。定率の場合、住宅ローンの申込金額が大きくなればなるほど手数料の支払額も大きくなります。仮に3000万円の申込額で2%の手数料だとすると60万円にもなります。もちろん、事務手数料については住宅ローンの中に含めることができますが、あまりに大きな金額になると、当初予定していたよりも購入資金が多くかかることになります。

短めの住宅ローンの場合には注意が必要です

最初に大きな額を支払うので、定率型の手数料を支払った場合、繰上げ返済をどんどんしていくようだと余計な費用を掛けただけになってしまいます。短い期間の住宅ローンを借りようとしているのであれば、しっかりとシミュレーションを取っておきましょう。初期費用が金利にしてどれくらいの上乗せになるのかを把握しておくことはとても重要なことです。一見、金利は他よりも低いように見えても初期費用が大きくかかった場合、トータルではあまり変わらないといことも十分に考えられます。低い金利に惹かれて結果的に損をしてしまわないようにしっかりと確認をしておきましょう。シミュレーションはインターネットを通じて自分で取ることも可能です。